| Contact Us |  | Recruit |  | Link |  | Archives |  | Members Rooom |   | Read Me |  | Top Page |
INDEX

関西州ねっとわーくの会 活動報告

▼ 2015年の活動

2015年メルマガ9月号配信

メルマガはこちらから ・・・・・> PDFへ


2015年3月4日 奈良市街頭アンケート実施結果

 ◆奈良県民90%が「関西広域連合参加すべき」◆

関西州ねっとわーくの会は3月4日、「奈良県は関西広域連合に参加か、不参加か」について奈良県民を対象に街頭アンケートを近鉄奈良駅前で実施しました。赤いシールをホワイトボードに張り付ける方式で、総数100個のうち、「参加すべき」90、「不参加でいい」6、「どちらともいえない」4、という結果になりました。関西圏の一員として経済社会活動を行っている奈良県民が不参加のままでいることへの不安を表したものといえるのではないでしょうか。
街頭アンケート 奈良県は人口減少が続き、県民総生産もジリ貧状態。企業が納める地方税の法人事業税や法人住民税は全国最低、一方住民税の高さは全国10位です。そして県の借金は1兆円を超えています。
南海トラフ巨大地震への防災、広域救急医療、ドクターヘリの共同運航、関西国際観光PR など関西広域連合の動きは活発化しています。奈良県が近隣府県・政令市と共に関西の広域課題に取り組まない姿勢は、果たして正常な姿なのでしょうか。4月の統一地方選挙の知事選、県議選ではしっかりと論議して、進むべき方向を示すべきではないでしょうか。


▼ 2013年の活動

2013年10月 Facebookで開催 詳細ページへ

フェイスブックへのログインが必要です

▼ 2011年の活動

2011年4月16日 第16回Cafe塾

 テ ー マ:「大阪市の考える道州制イメージ」

講師:大阪市政策企画室企画部 地域主権担当課長 東中秀成 氏
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年3月13日 第15回Cafe塾

 テ ー マ:各政党の描く地方分権の明日、道州制への考え方 〜自民党編〜
 シンポジューム:道州制で市民生活はどう変わる?

講師:自民党衆議院議員 松浪健太氏(大阪10区)
パネラー:松浪健太衆議院議員・江口克彦参議院議員
     坂本充 (新生燦都代表・元大阪府会議員)・
     高松義直 (関西州ねっとわーくの会代表)
コーディネーター:小倉暁 (Cafe塾塾長):
場所:高槻市民会館 305号室 (阪急高槻駅前/高槻現代劇場)
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年2月19日 「関西広域連合」街頭アンケート・ビラ配布活動

広域連合に関する街頭アンケートならびに配布ビラ活動を2月19日午後1時から3時まで 近鉄奈良駅前行基広場側で行いました。街頭アンケートは予想通り 「参加すべき」が圧倒的多数となりました。この結果は近畿2府4県の知事あてに送る予定です。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年2月14日 奈良県議会に審議請願書

2月14日に奈良県議会に関西広域連合への参加を求める請願書を提出。
また、15日付毎日新聞奈良版に記事が掲載されました。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年2月12日 第14回Cafe塾

 テ ー マ  「関西州における治水行政の視点」

講師 / 京都大学名誉教授 今本博健氏 (河川工学) < http://imamoto.jimdo.com/ >
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年2月1日 新聞に意見広告を掲載

 関西広域連合に奈良不参加  - 県の姿勢を今一度考えよう! -

  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2011年1月15日 第13回Cafe塾

 テ ー マ  「THE 町興しプロデュース」
       地方の窮状、デザインで行う地域活性化

講師:池田毅氏(株式会社アイ工房社長)
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

▼ 2010年の活動

2010年12月11日 第12回Cafe塾

 テ ー マ  各政党の描く地方分権の明日、道州制への考え方
       〜民主党編〜

講師:民主党衆議院議員 森山浩行氏 (大阪16区選出)
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年11月19日 第11回Cafe塾

 テ ー マ  『関西広域連合と大阪の府市統合』
       〜大阪府の政策を聴く〜

講師:大阪府政策企画部地域主権課 中谷文彦氏
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年10月19日 第10回Cafe塾

 テ ー マ  各政党の描く地方分権の明日、道州制への考え方
       〜みんなの党編〜

講師:井坂信彦氏
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年9月18日 第9回Cafe塾

 テ ー マ  水道広域化事業の具体例から道州制推進を考える
       『オール大阪で見た大阪の水道問題』

講師:関西のダムと水道を考える会 野村東洋夫代表
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年8月21日 第8回Cafe塾  ならサマースクール

 テ ー マ  分権時代を考える・講演と議員トーク
            『議員から見た分権 明日の自治体』

講師:同志社大学法学部 市川喜崇(よしたか) 教授
場所:奈良県経済倶楽部 5F大会議室
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年7月10日 第7回Cafe塾  勉強会

 テ ー マ  国家統治のあり方 -これからの日本制度設計のために-

講師:岩波薫 法学博士 (大阪大学)・フィロソフィア経営法務研究会代表
場所:カフェバー 楽
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年6月20日 参院選挙候補予定者へ質問状を送信・回答を公開

参院選挙候補予定者24名に質問状を送り、 16名の方から回答があり、集計を致しました。
日時:平成22年6月1日FAX送信 (6/19集計)
  集計結果 ・・・・・・・> 詳細ページへ

2010年5月29日 第6回Cafe塾  勉強会

 テ ー マ  道州制で何が変わるか~関西経済から道州制を見る


高松義直 道州制リポート   ―塩沢由典大阪市大名誉教授著「関西経済論」から

講師:高松義直  (関西州ねっとわーくの会代表)
場所:奈良県経済倶楽部 5F小会議室

―塩沢由典大阪市大名誉教授著「関西経済論」から高松義直の道州制リポート。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年5月15日 第5回Cafe塾  勉強会

 テ ー マ  - 関西州議会はいかにして実現できるか-

講師:小倉塾長
場所:御屋敷再生複合ショップ「練」内 カフェ「楽」

今回も前回に引き続いて、「関西州仮想議会の可能性」について話し合いました。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

 

2010年4月10日 第4回Cafe塾  勉強会

 テ ー マ  - 関西州議会はいかにして実現できるか-

講師:小倉塾長
場所:御屋敷再生複合ショップ「練」内 カフェ「楽」

今回は年度初めということで様々な政治的な動きが周辺で起きている中での開催となりました。橋下知事の府市統合~関西州実現構想の一環としての「大阪維新の会」の発足、国政レベルでの民主党の体たらく、各種新党の立ち上げ、さらに私たちの近いところでは「地域主権型道州制国民協議会」が東北に続いて、関西で政治家連盟を立ち上げるということまで聞こえてきています。 そこで今回の報告では、こうした背景がある中で道州制実現運動はどうあるべきか~仮想関西州議会は実現可能かを少し考えてみたいと思います。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

 

2010年3月20日 第3回Cafe塾  勉強会

             テ ー マ  
 関西経済と道州制 - 関西経済は道州制によってどう変わるか-

講師:小倉塾長
場所:御屋敷再生複合ショップ「練」内 カフェ「楽」

今回は道州制を導入することで関西経済は変わりうるのかということをいくつかの視点から議論しました。まず、<準備>として、現在の経済情勢をどう見るか経済学者の見方についての簡単なレヴューを行い、ついで歴史的な観点から水野和夫氏・野口悠紀雄氏の意見を紹介しました。 さらに答えのない領域なのでレジュメに沿って、司会者が問題を提示し、みんなで討論する形式にしました。一部の概説を省いたにもかかわらず、時間が足らずに、「宿題」まで出す始末となりました。今回参加されなかった方でも別掲の資料等を参考に一度考えてみてください。ご意見をお待ちしています。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年2月20日 第2回Cafe塾  座 談 会

             テ ー マ  
 1. 地域主権国民協議会関西各支部の取り組みと今後の活動方向
 2. 地方選挙の実際について   ‥ほか

パネラー:地域主権型道州制国民協議会関西支部長の方々(高松 奈良県支部長・新井 第二狭山支部長・小林 大阪淀川支部長・小倉 大阪中央区支部長)・大阪府議会議員秘書 三藤氏
ゲスト:地方分権政策に携わる官僚の方
場所:御屋敷再生複合ショップ「練」内 カフェ「楽」

今回は地域主権型道州制国民協議会(江口克彦会長)の関西地域での各支部長の方々に集まっていただき、活動の現状とその展望を語っていただきました。また、統一地方選挙に向け若手の候補予定者の方にきびしい地方選挙の実態と地道な活動を続けてこられているお話を伺いました。さらに、ゲストとして地方分権の業務に公務として携わっている方にも討論に参加いただきました。急な告知にもかかわらず、14名のご参加賜りありがとうございました。
  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ

2010年1月16日 第1回Cafe塾
  大阪からはじめる!道州制 ~大阪府の地域主権構想を聞く~

講師:大阪府政策企画部  山地企画室長
場所:御屋敷再生複合ショップ「練」内 カフェ「楽」

上記開催フレームで当日は関西州ねっとわーくの会メンバーやゲストを含めて20名を超える市民の参加を得て、約3時間の勉強会を行いました。

講演は、現在橋下府政の下で進められている地域主権構想の試案に基づいて山地企画室長から理念と実務的課題の両面から説明をいただきました。内容は詳細ページをご覧ください。基本は配布レジュメをまとめたものです。詳細は府庁のホームページに掲載されています。

  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ
  講演のレジメ Part  I  ・・・・・> 当会イベント企画案内PDFファイルへ
  講演のレジメ Part  II ・・・・・> 当会イベント企画案内PDFファイルへ
 

▼ 2009年の活動

2009年11月28日 
  同志社大学政策学部講演と研究発表会ー京都市長の基調講演を斡旋企画

  同志社大学政策学部今川ゼミ(教育GP)主催
   地域まちづくりシンポジウム 上京区からの発信 ~道と生活~

当会は、同志社大学新町キャンパスで11月28日学園祭最終日に行われた、上記の政策発表会において、京都市長の基調講演を斡旋企画を行いました。

大学政策学部学生のフィールドワークに基づく報告をもとに行われるこのシンポジュウムに市長に参加いただき、市民・学 生と行政とのコラボレーションの場作りを応援をしました。

地域主権に関する議論が本格化する中で、これから基礎自治体と住民が主体となった活動が重要になってきます。 地域社会での相互理解を深め、どう行政と住民がどうかかわっていくのか。基礎自治体と住民、そして大学の連携のあり方に関して、コラボレーションの機会を作り、地域社会での相互理解を深めていこうという趣旨です。

当日は、学生や自治会関係者、付近住民、一般市民など約80名出席されました。

  詳細レポート ・・・・・> 詳細ページへ
  会場での来場者アンケート調査結果PDFファイル ・・・・・> 当会イベント企画案内PDFファイルへ
  当会の企画案内詳細は、こちらのPDFファイルで ・・・・・> 当会イベント企画案内PDFファイルへ
  大学からの案内詳細は、こちらのPDFファイルで ・・・・・> 同志社大学イベント案内